やまブロ「それでもいいよ、だめだけどね」

ほんとうの意味で『らしさ』が大切にされる世界へ。内側から革命を起こす、奥ゆかしい探究の旅路。

1億5500万円という目標 @仕事服メーカー営業マン1年目

 

この1月から、「イチ営業マン」としての仕事が本格スタートしました。

ぼくが今勤めている会社は12月決算で、1月から新しい期。

そのタイミングで、ぼくもついに担当をもって、営業デビュー!というわけです。

 

(昨年4月に入社してからの約9か月間は、物流や生産の流れを勉強したり、先輩の得意先訪問に同行したり、持ち帰った宿題を一緒にやったり、社内で依頼される業務をしたり、電話応対したり、展示会やったり、研修を受けたり、、しながら、いろいろ教わっていました。)

 

12月末から、担当替えで引き継ぎが始まり、

何が何だかよく分からないままあちこちへ挨拶に行き、

頭パンパンで消化しきれないまま次々にいろいろ説明され、

ちょうどトラブルも続いて、解決しきれないまま数日耐えしのぐ。

 

なんとまぁストレスフルなことか!!!!!!

 

f:id:coachan:20190127022342j:plain

仕事後のチーム忘年会にて

 

ひとつひとつやっていることを片付けて次に行きたいから、

話しかけないでぇぇ~~

と結界をはっているつもりでも、そんなのお構いなしにあれこれ来ちゃうんですね。

来たら笑顔で「はーいっ!」と行くわけですが、、、

 

なんとまぁストレスフルなことか!!!!!!

 

そんな年末年始でしたw

明らかにこれまでとは違う精神状態で、意識も身体もかなり緊張度が高まっていました。

さすがに、自分ひとりで担当をもってやっていくともなると、

「いやそれは知りません。そんなこと聞いてません。」とは言ってられませんもんね。( ̄▽ ̄)

 

先輩たちは皆、このストレスフルな時期を乗り越えたのか……

感心しちゃいました笑

 

 

……と、だいぶ騒ぎましたが、思い返せば、

そこまでのストレスフルさにビビっていたのは1月8日くらいまでで、

それからは徐々に、というか1/9には既に、余裕を取り戻していました笑

いつも最初は騒ぐんですが、直にできるようになるんですよね。

その辺は我ながらあっぱれ。マニュアル車で免許をとった時もそうでしたなぁ。

 

とは言えその後も、多くのことが初めてなので、

何かある度にテンパっています(;^ω^)

教わる度に、またできることが増えた!と喜んでいますけど。

 

 

さて、そんなこんなでスタートを切ったわけですが、

今期、ぼくの個人予算(売上目標)は1億5500万円が割り当てられています。

 

正直ピンと来ない額ですが、当社のトップ営業はひとりで5億とか6億を回していたりするので

そこから考えるとまぁ、まだまだ大した規模ではないのですな。

※ひとりの営業の担当持ち分として、適正な規模がどんなものなのかはよく分からないのですが、3~4億ほどを回せると、だいぶ、一人前になったね、って感じなのかなという印象。

※と言ってもこれは、この業界の、この立ち位置(商社でも販社でもなく、メーカー)の、もっと言えばこの会社の中での話(総売上と営業人数をこのように設定しているのはあくまでこの会社だけの話)に過ぎないので、結局、何が適正なのかはよく分からない。

その辺も、経営目線では吟味していきたいところですが、それはさておき、

今期1億5500万円の目標。

 

果たしてこれがどうなるか。

 

1月は順調ですが、2月で早速大幅なダウン予測。

昨年あった約1000万円分が、今年はがっぽりないからです。。

さて、果たしてこれがどうなっていくのか……

(そもそも計画の立て方に問題あったとのことですが、それはそれとして、さて、どうしてゆくか……)

 

本気の試行錯誤が始まります。

 

 

 

とかカッコよく言ってますが、

そもそもぼくが営業………(+o+)  …笑

全く知らない異世界の人(お客様w)のところに行くのって、

「恐怖心」ありません?

しかもぼくって、人の領域とかペースとかを、とても大事に考えていて、

むやみに入っていかないスタイルなんですね。

でもそんなこと言っていたら、電話もできないし、

訪問もできないわけですね。

 

はい。

 

さて、どうなっていくのか……

(全く、葛藤の毎日もいいところです。)

 

しかし今年が終わる頃には、

目標達成した?と聞かれたとき、

 

「あぁ(何そんな愚問聞いてるの?というくらいの雰囲気で)、そんなの当たり前なんやけどさ、それ以上にこんな感動体験ができた貴重な一年やったんよ~」

 

と言えるようでありたい。

 

最低でも目標は達成する、という基準で、仕事に邁進していきたいと思います。

 

ともに、内側は葛藤まみれで熱く激しく、外側はクールに結果を出す、そんな一年にしましょう。

 

ま、込み入った話は、山之内メールマガジンにてシェアしますので、以下よりぜひ購読の登録を!^^

resast.jp

 

さて、どうなっていくのか……

 

乞うご期待。

 

プロフィール更新した件。

 

謹賀新年。

f:id:coachan:20190126220835j:plain

 

今年は営業デビューし、ますます、仕事も面白く?大変に?なってくる。

社会人2年目に入る春には後輩もできる。

また新しい風が吹く一年の始まりだ。

2019年も、とことん、前進していきたいと思う。

 

今年もよろしくお願いします。

 

さて。

ぼくは今、個人でメルマガを発行している。↓↓↓↓↓

resast.jp

 

そこでのプロフィールを更新したので、ここにも載せておこう。

 

―――――――

 

愛媛県今治市出身

今治西高校卒業後、浪人生活を経て上智大学に入学

 

浪人を通して、それまでただありがたがっていた「教育」というものに問題意識をもつように。

すると「教育」を入り口に出会う世界がどれもこれも面白くて…。

え、こんな世界があるんや・・・の連続ですよ、まったく。

 

(割愛)

 

そしてそして、様々な気づきや学び、体験が積み重なっていき、

天性の吸収力や表現欲求、また自身の課題や永年の悩み苦しみを乗り越えたい欲など色々あいまって、

「自分も出す側に回ろう」と一念発起。

 

気づけば、Facebook投稿を皮切りに、ひたすら語る動画をYouTubeにあげまくるように。

3年生の前期の留学体験も、ぼくの殻を打ち破る動きに拍車をかけた。

(この後また人生激震の大きな出来事が起こるのだがここでは割愛)

 

大学4年次には、

学内では卒業論文『「在り方」とつながり「生き方」につなげる「自己実現」力を育む』の執筆、

学外では1年の最初から関わってきた教育NPOでのリーダー業に注力しながら、

それらと同時進行で、

「在り方」と「生き方」を多角的にとことん探究する年間プログラム「山之内ゼミ」を主宰。

(卒業の頃には、『配信野郎』と称されるまでにww)

 

2018年3月、上智大学総合人間科学部教育学科を首席卒業

2018年4月より、ユニフォームメーカーに勤務

将来、家業を継いで、本当の意味で「人を大切にする経営」を実現するべく修行中!

 

また、その他多角的に可能性を模索し、限界感あふれる現実を変革していく。

そのために今も、会社勤めしながらで細々とではあるが、

教育学・心理学・哲学・社会学、経営論などを足場に、思想を磨き、

精神(魂)を成長させてゆく視点や発想を共有している。

 

――以上―――

 

よかったらぜひご登録いただきたい!

resast.jp

 

ちなみに、

 

自己対話や自己探求

潜在意識や目に見えない世界、潜在数秘術に興味のある方は

山之内康介LINE@の友だち追加お願いします(#^^#)

https://line.me/R/ti/p/%40kla1676x

 

 

今日はここまで。

 

【真剣】2018年を振り返ろう③~「気づき・学びの収穫」編~/人生の不思議を、成長の糧に。

2018年ふりかえりシリーズ(全3回)の最終回!

f:id:coachan:20181230015922j:plain

2018年ふりかえり③

 

☑ 今の自分に気づけること

☑ 今の自分が気づくべきこと

については、

気づいて、胸に刻んで、腹に落として、

新年を迎えようではありませんか。

 

ということで今回もぜひ、

振り返りのガイドとしてご活用ください!^^

聴きながら、内省が深まるはずです。

 

     youtu.be

 

――――――――――

 

【山之内ゼミ】メルマガ購読の登録は以下よりお願いします(^O^)/

https://resast.jp/subscribe/68545

【必聴】2018年を振り返ろう②~「今年のタイトル」編~/『下町ロケット』『陸王』『空調服』『THE NORTH FACE』に学ぶ、タイトルの極意!

どうも、やまのうちです。

それでは早速、2018年ふりかえり第二弾!!

 

f:id:coachan:20181229190225j:plain

2018年ふりかえり②

 

前回からレベルアップしてお送りします。


タイトルづくり(ネーミング)の極意を踏まえ、

自分の2018年にぴったりのタイトルづくりワークに挑戦してみてください^^

 

〈音声べしゃりトピック〉

・前回「今年の一単語」編のおさらいと小話

・今回の問い、お題(前回の一単語との違いは?)

・2つの概念を掛け合わせてタイトルにする!

・2つの概念って、どんなものを掛け合わせるの?

・例『下町ロケット』『陸王』『空調服』『THE NORTH FACE』に隠れた共通点

・意味のズレ、反対のもの、上の概念×下の概念/下の概念×上の概念

・その他ポイント:簡単、コンパクト(短い)

・その他ヒント:根本的なメンタリティーやメイン舞台は上?下?→この一年ってどんな作品?どんな世界観?

・その他おしゃべり:空調服やネーミングについて

・山之内のタイトル例:『はいまわる鳥』

 

振り返りのガイドとしてご活用&お楽しみください(^^)

 

 

     youtu.be

 

――――――――――

【山之内ゼミ】メルマガ購読の登録は以下よりお願いします(^O^)/

https://resast.jp/subscribe/68545

【音声】2018年を振り返ろう①~「今年の一単語」編~

 

2018年も、あと数日となりました。

今年のことはきれいさっぱり水に流す!その前に!!

自分にとっての「2018年」を腹から出しておこうではありませんか。

 

2018年ふりかえりシリーズ(全3回)第一弾の問いは……

 

f:id:coachan:20181227231039j:plain

2018年ふりかえり①

 

 

ぜひお聴きになって、振り返りのガイドとしてご活用ください^^

 

ちなみにぼくは、「パニック」でした。笑

山之内例(おしゃべり)もお楽しみいただけると嬉しいです(*^-^*)

 

     youtu.be

 

――――――――――

 

【山之内ゼミ】メルマガ購読の登録は以下よりお願いします(^O^)/

https://resast.jp/subscribe/68545

2017年度山之内ゼミ3月コンテンツ『気づきの統合と人生の創造』(全7講&最終講義集約ページ)

2017年度山之内ゼミ3月コンテンツ『気づきの統合と人生の創造』(全7講&最終講義集約ページ)

 

第1講

自分この存在が、結局、究極、本質的にしていることとは何なのか(抽象度を上げて)

https://youtu.be/tOC_1THbQ34

 

第2講

ビジョン【The Total Vision】を描く極意

-そもそも「ビジョン」とは何かから考え方のポイントまで-

https://youtu.be/VkmyyazRCP8

 

第3講

ビジョン全体を分ける。冷静に。全てが今ではないです。決めたらコミット。

https://youtu.be/ni302oY85nI

 

第4講

「ビジネスモデルを構築する」発想・視点をもつことでスッキリと見えてくる

https://youtu.be/ulVD-JQtquM

 

第5講

選ばれる「ブランド」の力を探り、意図的な「ブランディング」を実行していく

―そしてぼくらは選ばされる―

https://youtu.be/KHUihLUrR-U

 

第6講

人生創造の逆説①「Life is what happens to you while you are making other plans.」

https://youtu.be/g0FVXqMW2h8

 

第7講

人生創造の逆説②「人生の中心点の転換」―“思い通りに”という錯誤―

https://youtu.be/KZ72M2OJctg

 

2017年度山之内ゼミ 最終講義

学生時代の陰と陽、女性性と男性性、からの3つのメッセージと3つの指針

―人間の成長・成熟・変容を見つめて―

https://youtu.be/mIOWQauP0FA

 

――――――――――

 

山之内ゼミ専用メルマガ購読の登録は以下よりお願いします(*^-^*)

www.reservestock.jp

【再掲】2017年度山之内ゼミ 最終講義「学生時代の陰と陽、女性性と男性性、からの3つのメッセージと3つの指針 ―人間の成長・成熟・変容を見つめて―」

2017年度山之内ゼミ 最終講義

「学生時代の陰と陽、女性性と男性性、からの3つのメッセージと3つの指針

  ―人間の成長・成熟・変容を見つめて―」

 

     youtu.be

 

山之内ゼミ】メルマガ登録はコチラ ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/68545

―――――

《この動画のタイムライン》

冒頭

・あいさつ&意気込み

セレッソ大阪2冠記念フルジップパーカーを着て登場

00:56

・学生生活を終えて、一言で言うと…

・これまでの人生(アイデンティティ・シフト)を語る

・中1エピソード「信頼が厚い」

・高1エピソード「エンターテイナーへの目覚め」

・そして、大学時代は……

・これから社会人になっても〇〇〇という確信、安心

14:05

・陽と陰、陽の時間帯と陰の時間帯

・陰の時代の価値

・ぼくらの成長、成熟、変容を見つめる

・陽極まって陰に転じ、陰極まって陽に転ず

17:33

・女性性と男性性(在り方と生き方)

・人間の変容、成熟を見つめる

・男性性の「気持ち」、女性性の「気持ち」

・女性性とは、男性性とは(ある考え方)

 cf. ドラマ「BG」キムタクのセリフ

・自分の女性性が未熟だと…

・自分の男性性が未熟だと…

・女性性の成熟と男性性の成熟、すると…

35:18

・3つのメッセージ

・Ⅰ「これでいいんだ」という確信を深める知識、体験を増やしていこう

・気休めではなく、本当の意味で「これでいい」と言えるには、「強さ」(内なる女性性との深いつながり)が必要、そしてそのために…

・「こんな自分じゃダメ」「こういうことじゃないんじゃないか」と思うのは…

・「それじゃダメだ」に振り回されているばかりでは、真に守るべきものを守れない

・本気で「これでいい」と思えないとき、我々には成長、成熟の余地しかない

48:26

・Ⅱまだまだやれる!

・女性性を守れる「強さ」(成熟した男性性)をもとう

・でなければ一生、叶えられない

・女性性と男性性の連携を深めていくことで、自分の次元を上昇させる(自分2.0の幕開け)

53:16

・Ⅲ2つを同時にもつ!

・これ、大学生活を通して学びました

・原理原則を無理にひとつにしようとしなくていい(ひとつにしたくなるけど)

・「狂気の世界で闘い続ける(リーガルハイ)」

・そう簡単に割り切らず、両方をもち続ける、矛盾した両方があることを分かった上で、それでも決断し、歩んでいく(破り捨てたくなりながらも、なかったものって思おうかな、と思いながらも)

 cf. ドラマ「隣の家族は青く見える」とミスチルの主題歌

・究極の真理、真実はひとつでも、言葉にすると(見える世界で扱うと)2つになるのでは?という気がする(雑感)

1:07:26

・①世間的価値観の相対化……大学の役割大きかった

・個人的体験のレベルを超えるという話(大学での学びBEST3に入る)

・②自分の実感、納得、本音の世界の尊重

・理論を知る、理念を知る、奥の世界を知る

・③自己内対話の習慣

―――――

山之内ゼミ】メルマガ登録はコチラ ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/68545