やまブロ「それでもいいよ、だめだけどね」

ほんとうの意味で『らしさ』が大切にされる世界へ。内側から革命を起こす、奥ゆかしい探究の旅路。

【祝・令和】足元から整え再スタートを切ろう!ということで、靴を買いました。

 

どうもどうも。

4月を迎え、新年度はじまり早1か月。

会社には新卒の新入社員が入社し、ぼくにも後輩ができました、一応( ̄▽ ̄)

彼らしかり、これを読んでくださっている方しかり、春になり生活に変化が生まれた人も少なくないと思いますが、ここまで1か月どんな感じでしょうか。

 

何かを始めたくなったり、もうやめたくなったり、変えたくなったり、笑笑

まぁ、なっちゃいますよね。(決めつけ)

そういう星回りなので仕方ありません。(テキトー)

ぼくも他人事ではありません。心中お察し申し上げます。

 

はい。

 

そんなディープな話は今日は置いておいてですね、近況報告します。

 

以前、1月や2月とは違う3月にするゾ!と意気込んだブログを投稿してからというもの、まぁ相変わらず、楽しみつつ疲弊しつつ、悪戦苦闘の日々を送っています。

 

で3月は1月や2月とは違うものになりました。

 

3月は、工業高校などへ新入生採寸の応援に行く機会が結構ありました。

実習服として作業服を着用するんですね。彼らも作業服のお客さん(エンドユーザー)というわけです。

自分がまさかこんな形で、「業者さん」として高校に行くことになるなんて、想像もしていなかったですが、久々に中高生と触れ合えて元気もらえました。

 

しかし学校物は大変ですね。

新入生用なので、納期遅れは絶対NG。メーカーとして在庫切れなんてことをしたらもうとんでもないことになってしまいます。規格外のサイズであっても、何とか間に合わせなければならない、という緊張感があります。ぼくも採寸しながら冷や冷やしていました。

それは企業ユニフォームでも同じことではあるのですが、

最初の授業で一人だけ間に合わなくて別のものを着ている、なんてことになったら、いじめのきっかけになる!!!!と、より深刻な印象がありました。

そんなことがいじめにつながり得るというのがそもそもどうなのよと思えてきますが、それが「ユニフォーム・uni-form」というものの恐ろしさであり、計り知れないパワーなんですなぁ。

 

話を戻しますと、学校物がさらに大変なのは、

多くの場合、全アイテム(上着、パンツ、シャツ、帽子など)に刺繍で名前を入れるところです。

自分が高校生だったときも、確かに、体操服は上下とも名前の刺繍あったなぁと思います。

当時は全く想像していませんでしたが、

4月の納品に向けて、ほぼ同じ時期に、日本中の学校の新入生分を、どこかでネーム刺繍しているんですね。

しかも合格発表後、採寸して、なんていう名前のどういう漢字(旧字体等、要注意!)の人が、どのサイズの上着・パンツになるかが分かってから、という短期間で。

学校物を扱う業者の方々はこの3月4月はそりゃあもう、とんでもない激務のようです。

見えないところでいろ~んな人が必死に動いてくれていて、そういう数々の仕事に支えられた学校生活だったんだなぁと、それはそれは能天気に体操服も制服も扱っていたものですが笑、ここにきて大変勉強になりました。ほんと。

 

そんなこんなで、(って飛躍しかありませんが笑)

3月は売上目標は達成!(^O^)/

学校物が大きく動いたほか、新規案件&リピート案件が決まり、うまく転がり、うまく着地できました。

 

しかし!4月は未達。。。

5月は何としても、当たり前に達成して終えられるようにします。(宣言)

 

 

ところでついにこの時がきましたね。

新時代の幕開け。令和元年。

 

実感はそれほど、ですが、ワクワクドキドキしています。

 

それでというわけではありませんが笑、靴を買いました。

 

去年、縁あって同い年で靴職人の小林晃太くんと出会い、

→ https://www.s-when.com/

こんな機会はもうほぼ二度とないだろうと、靴をつくってもらうことにしました。

 

市販で買って普段履いている靴は、足の大きさに対して大きすぎる、という指摘にはハッとしました。

自分の足のサイズとは一体どんなものなのか。それにピッタリの最適な靴とは一体どんなものなのか。

意外と、知らないなぁと。

そんな靴と出会えるのなら出会ってみたいとワクワクしました。

デザインや革を選んで。

 

先日、

待ちに待った My 革靴 と対面を果たし、公私ともにデビュー!!

 

じゃーーーん。

 

f:id:coachan:20190430170526j:plain

セミオーダーメイド?の My 革靴

 

 

これがなかなかの履き心地のよさで、足を入れた途端、「おぉぉ~~~」と感嘆の声が漏れてしまいました(*´▽`*)

濃厚なフィット感にまだ足が慣れていないですが、それでも履くと気が引き締まります。

 

社会人2年目の若造が履くにはあまりに立派で気後れしますが笑、

いやいや、足元から変革を起こして参ります。

 

これを履いて山之内が現れた際には、「お、なんか違うねぇ!令和だねぇ!!」とつぶやいていただければと思います。

 

連休満喫し、また5月から再スタートの気持ちで頑張ります!

皆さまの令和からの再スタートも、良いスタートが切れますようお祈りしております。

 

ではまた~

 

やま